HOME > ACTOR > 伊達 暁

伊達 暁 Satoru Date

写真を拡大

写真を拡大

写真を拡大

写真を拡大

写真を拡大

伊達 暁 INFORMATION

2016/05/02
【伊達暁】NHKオーディオドラマ FMシアター「尋ね人」 出演
2016/04/18
【伊達暁】WOWOW連続ドラマW『グーグーだって猫である2』出演
2016/04/08
【伊達暁】Lecture-Spectacle 『Being at home with Claude 〜クロードと一緒に 〜』出演
2016/04/08
【伊達暁】『新・幕末純情伝』 出演
2016/03/10
【伊達暁】日本テレビ「天才バカボン 〜家族の絆」 出演
2016/02/05
【伊達暁】ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2015 『壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ』 出演
2016/01/15
【阿佐ヶ谷スパイダース】BSスカパー!『悪魔の唄』OA情報
2015/12/09
【伊達暁】Z会 幼児「親子で、いろさがし」篇 CM出演
2015/11/24
【伊達暁】連続ドラマW『撃てない警官』出演
2015/11/17
【伊達暁】浮世企画「ザ・ドリンカー」 出演

プロフィール

生年月日 1975年7月14日
出身地 東京
サイズ 身長 170cm 体重 68kg
B 92cm W 75cm H 91cm
足 27cm
趣味 サッカー、水泳、スキー
資格 普通自動車免許
経歴 東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」の旗揚げに参加。その他、『ブエノスアイレス午前零時』、『カッコーの巣の上で』、『欲望という名の電車』、「流山児★事務所」公演など客演多数。近年は、TBS『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』/テプラ役、映画『SP THE MOTION PICTURE「野望篇」、「革命篇」』(波多野貴文監督)、『モテキ』(大根仁監督)、CMナレーションなど映像にも活動の場を広げている。
関連リンク 阿佐ヶ谷スパイダース真心一座 身も心も

今年の活動状況

舞台

Lecture-Spectacle 『Being at home with Claude 〜クロードと一緒に 〜』出演
『新・幕末純情伝』 出演
浮世企画「ザ・ドリンカー」 出演

映画

ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2015 『壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ』 出演

TV

WOWOW連続ドラマW『グーグーだって猫である2』出演
日本テレビ「天才バカボン 〜家族の絆」 出演
BSスカパー!『悪魔の唄』OA情報
Z会 幼児「親子で、いろさがし」篇 CM出演
連続ドラマW『撃てない警官』出演
全国労働者共済生活協同組合連合会 全労済の住まいる共済 「家トーク(あれもこれも)」篇ナレーション

ラジオ

NHKオーディオドラマ FMシアター「尋ね人」 出演

主な活動

舞台出演作品

2015年
  • ウォーキング・スタッフ プロデュース『嫌われる勇気』(原作:岸見一郎・古賀史健/脚本・演出:和田憲明)赤坂RED/THEATER
    流山児★事務所 創立 30 周年記念公演スペシャル『マクベス〜Paint it, Black〜』(作:W.シェイクスピア/脚本・演出:流山児祥)座・高円寺1
    KAKUTA第25回公演「ひとよ」(作・演出:桑原裕子)ザ・スズナリ/神奈川
    CREATIO ATELIER THEATRECAL act.01 『蛙昇天』(作:木下順二/演出:長塚圭史)せんだい演劇工房10-BOX box-1
2014年
  • 『ブエノスアイレス午前零時』PARCO(脚本:蓬莱竜太/演出:行定勲 )新国立劇場中劇場
    『カッコーの巣の上で』ホリプロ(演出:河原雅彦)東京芸術劇場プレイハウス
    『Being at home with Claude 〜クロードと一緒に〜』(上演台本・演出:古川貴義)青山円形劇場
2013年
  • 『あかいくらやみ 〜天狗党幻譚〜』シアターコクーン・オンレパートリー2013+阿佐ヶ谷スパイダース(原作:山田風太郎「魔群の通過」/作・演出:長塚圭史)Bunkamuraシアターコクーン
  • 『教授』(構成・演出:鈴木勝秀)Bunkamuraシアターコクーン
2012年
  • リーディング公演『回転する夜』ウォーキング・スタッフプロデュース (作:蓮菜竜太/演出:和田憲明)サイスタジオコモネA
  • 『テキサス』 パルコ・プロデュース公演(作:長塚圭史、演出:河原雅彦)*パルコ劇場/大阪/名古屋
2011年
  • 『ラブリーベイベー』PARCO & TOKYO GLOBE THEATRE presents(作・演出/河西裕介(国分寺大人俱楽部) )*東京グローブ座
  • 『芝浦ブラウザー』PARCO & TOKYO GLOBE THEATRE presents(作・演出/上田 誠(ヨーロッパ企画) )*東京グローブ座
  • 『流れ姉妹 たつことかつこ〜エンド・オブ・バイオレンス〜』真心一座身も心も ザ・ファイナル(作/千葉雅子 演出/河原雅彦)*本多劇場、他地方公演あり
2010年
  • 『さよなら渓谷』演劇企画集団THE・ガジラ(原作:吉田修一/脚本・構成・演出:鐘下辰男)*SPACE雑遊
  • 『コーサ・ノストラの掟』HYSTERIC・D・BAND 第一回公演(主演)(脚本・演出:渡辺 啓 )*新宿シアターモリエール
  • 『流れ姉妹 たつことかつこ』真心一座身も心も 第一章再演
    (作:千葉雅子/演出:河原雅彦)*TOKYO FM HALL
  • 『お岩幽霊 ぶゑのすあいれす』流山児★事務所(作:坂口瑞穂(黒テント)/演出:流山児祥)*ザ・スズナリ
  • 『アンチクロックワイズ・ワンダーランド』阿佐ヶ谷スパイダースpresents
    (作・演出/長塚圭史)*本多劇場
2009年
  • 『ドリアン・グレイの肖像』
    (原作:オスカー・ワイルド 構成・演出:鈴木勝秀 )*世田谷パブリックシアター
  • 『ヘッダ・ガブラー』
    (作:ヘンリック・イプセン 上演台本:笹部博司 演出:古川貴義 )
    *赤坂RED/THEATER
  • 『流れ姉妹 たつことかつこ 〜獣たちの夜〜』真心一座身も心も
    (作/千葉雅子 演出/河原雅彦 )*下北沢 本多劇場
2008年
  • 『Sheep fucker’s exit』tsumazuki no ishi
    (作/スエヒロケイスケ 演出/寺十吾)*下北沢ザ・スズナリ
  • 『失われた時間を求めて』阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS
    (作・演出/長塚圭史)*ベニサン・ピット
  • 『冬の絵空』(作/小松純也 上演台本・演出/鈴木勝秀)*サンケイホールブリーゼ
2007年
  • 『セルロイド』演劇企画集団THE・ガジラ(作・演出/鐘下辰男)*下北沢ザ・スズナリ
  • 『黄昏にカウントコール』(再演)トム・プロジェクト(作・演出/長谷川康夫)*カメリアホール他
  • 『流れ姉妹〜ザ・グレートハンティング〜』真心一座身も心も
    (作/千葉雅子 演出/河原雅彦)*赤坂RED/THEATER
  • 『欲望という名の電車』アトリエ・ダンカン+CAT プロデュース
    (作/テネシー・ウィリアムス 演出/鈴木勝秀)*東京グローブ座他
  • 『少女とガソリン』阿佐ヶ谷スパイダース本公演(作・演出/長塚圭史)*ザ・スズナリ
2006年
  • 『桜飛沫』阿佐ヶ谷スパイダース時代劇(作・演出/長塚圭史)*世田谷パブリックシアター
  • 『黄昏にカウントコール』風間杜夫アーカイブスシアターvol.1
    (作・演出/長谷川康夫)*紀伊国屋ホール
  • 『南国プールの熱い砂』こどもの城+ネルケプランニングプロデュース
    (作・演出/桑原裕子)*青山円形劇場
  • 『イヌの日』阿佐ヶ谷スパイダースpresents(作・演出/長塚圭史)*本多劇場
2005年
  • 『悪魔の唄』阿佐ヶ谷スパイダースpresents(作・演出/長塚圭史)*本多劇場
  • 『流れ姉妹〜たつことかつこ〜』RUPプロデュース「身も心も」第一章
    (作/千葉雅子 演出/河原雅彦)*青山円形劇場
  • 『パリアッチ!』クリオネプロデュース#3(作・演出/倉持裕)*全労災ホール/スペース・ゼロ
  • 『DOG-EAT-DOG』ウォーキング・スタッフプロデュース(作・演出/和田憲明)*シアタートップス
  • 『胎内』青山円形劇場+ゴーチ・ブラザーズ共同プロデュース
    (作/三好十郎 演出/鈴木勝秀)*青山円形劇場
  • 『エビ大王』RUP(作/洪 元基・演出/岡村俊一)*青山劇場
2004年
  • 『真昼のビッチ』ヴィレッヂプロデュース(作・演出/長塚圭史)*シアターアプル
  • 『金魚鉢の中で』G−UPプロデュース(作・演出/ほさかよう)*シアターV赤坂
  • 『腑抜けども、悲しみの愛をみせろ』劇団、本谷有希子(作・演出/本谷有希子)*青山円形劇場
  • 『天使だらけの傷』石原正一ショー(作・演出/石原正一)*駅前劇場
2003年
  • 『SPACER〜スペーサー〜』ウォーキング・スタッフプロデュース
    (作・演出/和田憲明)*シアタートップス
  • 『青十字』KERA・MAP#002(作・演出/ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
    *三鷹市芸術文化センター星のホール
2002年
  • 『ビルの中味』Me&Herプロデュース(作・演出/千葉雅子)*本多劇場
  • 『透明人間の蒸気』RUPプロデュース(作/野田秀樹 演出/岡村俊一)*青山劇場
1996〜
  • 阿佐ヶ谷スパイダース全公演

TV 出演

2015年
  • WOWOW連続ドラマW『平成猿蟹合戦図』(演出:行定勲)
2013年
  • ひかりTV アニメ『Go!Go!家電男子』
  • TBS日曜劇場『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』第6話(演出:波多野貴文)
  • BS-TBS『巨匠たちの輝き#8「恋の罪」』
  • NHK BSプレミアム「怪奇大作戦 –ミステリー・ファイル−」第2話
  • NHK BSプレミアム 80年後のKENJI〜宮沢賢治21世紀映像童話集〜
2012年
  • WOWOW連続ドラマW『ヒトリシズカ』
  • TBSテレビ木曜ドラマ9『ビギナーズ!』鬼塚辰男役
2011年
  • NHK『祝女』
2010年
  • Bee TV『女たちは二度遊ぶ』
2009年
  • NHKハイビジョン特集 『人間失格』裁判 〜あなたは彼を裁けますか?〜』
  • NHK『グ☆ローカル』
  • 関西テレビ『NEXT ラストメッセージ』
  • NHK『名曲探偵アマデウス「バイオリン・ソナタ」』
  • NHK『探偵Xからの挑戦状!「石田黙のある部屋」』
  • Bee TV 『伝染るんです』
2008年
  • EX『拝啓トリフォー様』
  • CX『SP(エスピー)エピソード検
  • TX『週刊真木よう子「蝶々のままで」』
  • NHK『星新一SHORTショートスペシャル』ナビゲーター
  • NHK『星新一ショートショート「窓」「欲望の城」「ささやき」』
  • NHK『たったひとりの反乱〜西宮冷蔵・水谷洋一』
  • NHK『星新一ショートショートスペシャル』
2006年
  • BSフジ『おいしい殺し方』
  • TBS『名探偵キャサリンvs十津川警部「京友禅の謎〜華の密室殺人事件〜」』
  • NTV『未来創造堂「ウォシュレット」』
2004年
  • CX『劇団演技者。』「激情」
2003年
  • NTV『ぼくの魔法使い』
2002年
  • CX『劇団演技者。』「テキサス」

CM 出演

2012年
  • ダイハツ工業株式会社・企業CM『日本のどこかで 故郷の島』篇
  • TV-CM 資生堂『ワタシプラス』ナレーション
  • テレビCM「損保ジャパン『お客さま評価日本一〔代理店〕』篇」損保ジャパンダの声
2011年
  • TV-CM『ケイ・オプティコム』企業CM
2010年
  • ラジオCM 『NTT docomo』
  • ラジオCM『ブリヂストン』
2009年
  • TVCM「日本ガラスびん協会『おびん』」
  • ラジオCM『ハウスメイト』
2005年
  • TVCM『コンコル道を往く者』コンコルド2005
2004年
  • TV-CM『NTT FLET'S』

ラジオ

2010年
  • NHK FMシアター『泣かないで、パーティーはこれから』
2009年
  • TFM『ラジオ劇団 小さな奇跡』
2008年
  • TOKYO FM『銀色のハンドル』(LIVE中継)

映画出演

2013年
  • 『真夏の方程式』(原作:東野圭吾「真夏の方程式」文藝春秋刊/脚本:福田靖) 監督:西谷弘
  • 『体脂肪計タニタの社員食堂』(脚本:田中大祐)監督:李闘士男
2011年
  • 『モテキ』(監督・脚本/大根仁 原作/久保ミツロウ「モテキ」講談社イブニングKC)
  • 映画「SP THE MOTION PICTURE」・『革命篇』(原案・脚本:金城一紀)監督/波多野貴文
2010年
  • 映画「SP THE MOTION PICTURE」・『野望篇』(原案・脚本:金城一紀)監督/波多野貴文
2007年
  • 『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』 監督/馬場康夫
  • 『遠くの空に消えた』 監督/行定勲
2006年
  • 『ユビサキから世界を』 監督/行定勲
2005年
  • 『容疑者 室井慎次』(監督/君塚良一)
2002年
  • 短編『ふたり』(監督/長塚圭史)

PV

2015年
  • 「Kawasaki Z125 PRO」
2012年
  • Kinkikids『変わった形の石』

WEB

2008年
  • 京セラW65K『3つのプロポーズ「光子さんの場合」』D/舟越響子

その他の活動

2007年
  • 『hide-and-seek』 監督/舟越響子(第10 回アジアパシフィック広告祭出品作品)

Copyright © GORCH BROTHERS, Ltd. All rights reserved.