MANAGEMENT

ARTISTS&CREATIVES

谷 賢一

KENICHI TANI

PROFILE

生年月日

 

1982年5月11日
出身地
福島県生まれ 千葉県柏市育ち
劇 団
DULL-COLORED POP主宰
受賞歴
2013年『最後の精神分析』の翻訳・演出にて第6回小田島雄志翻訳戯曲賞文化庁芸術祭優秀賞受賞
2016年 セゾン文化財団ジュニア・フェローに選出
2020年「福島三部作」第二部『1986年:メビウスの輪』にて第23回鶴屋南北戯曲賞受賞
2020年『福島三部作』にて第64回岸田國士戯曲賞受賞
経 歴
明治大学演劇学専攻、ならびにイギリス・University of Kent at Canterbury,Theatre and Drama Study にて演劇学を学んだ後、2005年劇団DULL-COLORED POPを旗上げ。ポップでロックで文学的な創作スタイルで、脚本・演出ともに高い評価を受けている。2019年には3世代、3つの家族を通して、福島県と原発の歴史を3部構成で描いた『福島三部作』を一挙上演。この上演で10,000人を動員した。近年では海外演出家とのコラボレーション作品も多く手がけ、シルヴィラ・プルカレーテ演出『リチャード3世』、フィリップ・デュクフレ演出『わたしは真悟』、シディ・ラルビ・シェルカウイ演出『プルートゥ』、アンドリュー・ゴールドバーグ演出『マクベス』、デビッド・ルヴォー演出『ETERNAL CHIKAMATSU』 などに、それぞれ脚本や演出補などで参加している。
関連リンク

今年の活動

舞台作品(作・演出)
舞台作品(作・演出・翻訳)
その他

主な活動

舞台作品(作・演出・翻訳)
2020
  • 『人類史』作・演出:谷賢一/ KAAT神奈川芸術劇場 ホール
  • DULL-COLORED POP『アンチフィクション』作・演出・出演 谷賢一/シアター風姿花伝
2019
  • DULL-COLORED POP『マクベス』翻案・演出/KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ
  • DULL-COLORED POP『福島三部作・一挙上演』作・演出/東京芸術劇場シアターイースト
  • 乃木坂46『3人のプリンシパル~ロミオとジュリエット~』構成・演出/サンシャイン劇場
2018
  • 『光より前に~夜明けの走者たち』脚本・演出/紀伊國屋ホール
  • 『三文オペラ』演出・上演台本/KAAT神奈川芸術劇場 ホール
2017
  • 『デジモンアドベンチャーtri.~8月1日の冒険~』上演台本・演出
  • 『白蟻の巣』演出/新国立劇場
2016
  • ホリプロ『わたしは真悟』脚本/新国立劇場 中劇場
  • 地人会新社『テレーズとローラン』作・演出/シアターウエスト
  • 『ETERNAL CHIKAMATSU』脚本/梅田芸術劇場・シアターコクーン
  • 『オーファンズ』翻訳/東京芸術劇場シアターウエスト
  • DULL-COLORED POP『演劇』作・演出/王子小劇場
2015
  • あうるすぽっとプロデュース『TUSK TUSK』演出/あうるすぽっと
  • 『ペール・ギュント』翻訳・上演台本/KAAT神奈川芸術劇場
  • PARCO PRESENTS『マクベス』演出補/パルコ劇場
  • 『プルートゥ』上演台本/シアターコクーン
2014
  • Theatre des Annales『トーキョー・スラム・エンジェルス』作・演出/青山円形劇場
2013
  • 『ストレンジ・フルーツ』演出/東京グローブ座
2011
  • 『モリー・スウィーニー』翻訳・演出/シアタートラム